当院の内視鏡検査について

先進の内視鏡システムに更新しました!


平成29年4月1日より、経口・経鼻・大腸ファイバーを入れ替えました。

がんなどの病変部の視認性を向上し、診断精度の向上をサポートしています。

【 外来 : 内視鏡室 】

内視鏡室写真

【 内視鏡写真例 】

内視鏡写真例①
内視鏡写真例②

白色光用レーザーで自然な色の画像をモニター上に再現することができ、狭帯域光用レーザーで粘膜表層の

微細血管や微小な病変を観察するのに適しています。


LCI : 特殊光色彩強調機能

   正常な粘膜と炎症のある粘膜のわずかな色の違いを見分けやすくするため、赤味を帯びている色はより赤く、

   白っぽい色はより白くなるように、色の拡張と縮小を同時に行います。



内視鏡機器について

【 内視鏡本体 】

  富士フィルムメディカル製     本体 レザリオ( LASEREO )

                   光源 LL-4450

                                              医療プロセッサー VP-4450HD

  ※ レーザー光源装置は白色光用とBLI用の2つの波長のレーザーを搭載しています。

   2種類のレーザーの発行強度比を変えることで、白色光観察と狭帯域光観察それぞれに適した光を照射し、

   粘膜のわずかな色の変化を詳細に観察でき、炎症の診断や発赤調、褪色調の病変の視認識に優れている。



【 内視鏡ファイバー 】

                  (経鼻) EG-L580NW7

                  (経口) EGL600-WR7

                  (大腸) EC-L600ZB7

  ※ 「 硬度調整機能 」「 高追従挿入部 」「 カーブトラッキング 」 のあるカメラ使用により、

    屈曲部が多い大腸への挿入がスムーズとなり、患者様の苦痛が軽減されます。

    使用後のスコープは高水準洗浄機を使用し、感染リスクの心配がない、安全性を確保した管理を行っています。


主な検査・処置内容

  • 食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管疾患・胆膵疾患の診断治療、早期がんの発見、ピロリ菌検査、除菌


  • 上部・下部消化管のポリープ、早期がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)


  • 内視鏡的止血術


  • 胆管結石に対する内視鏡的乳頭括約筋切開(EST)、載石術、内視鏡的胆道ドレナージ(ENBD・EBD)など


  • 悪性腫瘍による胆道狭窄に対するステント留置


  • 食道内異物や胃内容物に対する異物除去術


  • 内視鏡的胃瘻造設術


  • 咽頭反射の少ない経鼻内視鏡や鎮痛、鎮静剤を用いた苦痛の少ない内視鏡検査を提供


  • 炭酸ガス装置使用による、大腸検査後の満腹感・膨満感の軽減

舞子台病院のご案内

  • 診療科目
    内科・消化器内科・消化器外科・循環器内科・呼吸器内科・放射線科・外科・心臓血管外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・婦人科・神経内科・漢方内科・リハビリテーション科
    → 各診療科目のご案内はこちら
  • 所在地
    〒655-0046
    兵庫県神戸市垂水区舞子台7-2-1
  • TEL
    078-782-0055(代)
  • FAX
    078-785-0028

交通アクセスはこちら

舞子台病院「地域医療連携室」
舞子台病院「乳がん検診のご案内」

舞子台病院「併設・関連施設のご紹介」

検索